mshrskの日記

日々雑感、はるか昔から居座っている思いなどを綴る

この季節に聴きたい

能書きなしで、この季節に聞きたいものを挙げてみる。

角松敏生「海」(アルバム:All is Vanity)
オリジナルラブ「夢を見る人」(アルバム:Rainbow Race)
佐野元春「彼女」(アルバム:Heart Beat)
山下達郎「Blow」(アルバム:レアリティーズ)
鈴木雅之「First Love」(アルバム:Matini)

まだまだあるけどね。とりあえずこれくらいで。

ズートピア

三連休のど真ん中の今日は、WOWOWで録画しておいた「ズートピア」を家族揃って観た。動物だけの社会で、警官になる夢を叶えた主役の小さなうさぎのある事件解決までの奔走を描いたディズニーアニメだ。なかなか味のある動物キャラが次々登場してきて、結構面白かった。観た人はわかると思うけど、一番うけたのは、免許センターのナマケモノだ。そこだけ、もう一回見たいな。あと、何故か映像に日本の文字がいっぱい出てきたけど、もしかして、国ごとに差し替えてるのかな?ディズニーはごくたまにしか見ないから?だけど…。とにかく家族でいい時間を過ごしたな。

祝 卒園

今日は次男の卒園式だった。兄は二年前に小規模な園を出ていて、その時の式は、なんか淡々と進んで特別感動もなく終わった。そして今回だけど、次男は兄とは別のかなりの園児数がいるマンモス園での式となった。普段から規律正しく、
行事も満載で、教職員のレベルも高い歴史のあるところが故、きっちり教育され、ピリッと締まった感じの年長組の姿は終始素晴らしかった。改めて園に感謝だ。そして次男だけど、普段は引っ込み思案で、内弁慶なタイプだ。実は今日の、証書式での彼の姿にグッときてしまった。家でもママと練習してたようだが、とにかくデカイ声で、堂々とした立ち振る舞いであった。初めて見たその姿に胸か熱くなった。他に意外だったのは、別れを悲しみ涙する子がちらほらいたことだ。次男もおもてにこそ、出さないけと涙を堪えたところがあったそうだ。自分自身の時のことは全く覚えてないが、七歳前後って、情操面でこんなにしっかりしてたっけ?なんて思った。なんだかんだで心を揺さぶれた1日だった。そして息子よ、ここで身につけたタフさと優しさで、真っ直ぐ生きていってくれ!

はじめます。

もて余してる思いがいっぱいあるから、書き残します。